50代からでも間に合う薄毛対策を始める|育毛剤やクリニックの治療

男性

現状と今後

鏡を見る男性

詳細と現状

植毛には使用する毛に種類があり、自毛と人工毛があります。どちらも薄毛部分に毛を植えて薄毛を改善する点は同じですが、いくつかの異なる点があります。まず、自毛の場合、後頭部や側頭部など毛の量が多い箇所から毛根ごと薄毛の部分に移植します。毛根は移植後も頭皮に生着するため、その箇所で毛が生えることとなり、薄毛の部分が隠されます。一方、人工毛の場合、人工的に作成された毛を頭皮に植え込み薄毛部分を隠します。毛根ごと植毛されたわけではないので、髪の毛が生えてくることは無く、手術経験の多い評判の医師でも治療後は患者の皮膚にかぶれなどが生じることがあります。これは、人間の体は異物を完治すると拒絶反応を引き起こすために生じており、医師の評判とは無関係に引き起こされることもあります。でもこれはあくまでも個人差があり、かつ腕のいい信頼のおけるクリニックではカウンセリングなども行なった上で植毛が行なわれるので、特に心配することなく受けられるようになっています。

自毛への完全移行

人工毛の植毛によるトラブルは、医師の技術が高くても対応することはできませんが、自毛の場合でもトラブルが生じる可能性はあるため、評判の医師に手術を行ってもらう方が安心できます。このため、手術経験の多い評判の医師を探す必要があり、医師の手術経験などはホームページで確認でき、実際に手術を受けた経験談は口コミから入手することができます。口コミに記載されている書き込みは全てが信用できるとは言えませんが、ホームページには掲載されていないトラブルに関する情報なども入手できるので、治療後のトラブルに関する書き込みがあまりにも多い病院はできるだけ避けるようにしましょう。また、人工毛の植毛はトラブルが多いため、今後はほぼ全てが自毛植毛に移行される可能性は高いと言えます。今後は自毛植毛に関する口コミを中心に参考にするようにしましょう。

Copyright© 2016 50代からでも間に合う薄毛対策を始める|育毛剤やクリニックの治療 All Rights Reserved.